昆虫を育てる日々の観察記

育てたことがある昆虫の飼育方法と飼育中の昆虫の記録

当ブログへ訪問ありがとうございます 当ブログでは、自身が飼育経験のある昆虫や生き物の飼育方法を紹介すると共に、現在飼育している昆虫や生き物の観察記録を記していきます 野原や森で昆虫を捕獲してきたが飼育の仕方が分からない どのような餌を与えたらよいか分からない など、皆様の飼育の参考になればと思っております よろしくお願い申し上げます

ヒガシキリギリス飼育 ① 孵化

昨年4月の下旬に若虫を捕獲し、成虫まで育て

産卵して11月下旬まで飼育したヒガシキリギリス。


その卵をこの飼育箱


hk011





で大切に保管しておりました。

昨年、4月の下旬あたりで3齢あたりで、成虫化したのは6月下旬から7月上旬。

ヤブキリとほぼ同時か、半月ほど後なので、その計算から孵化は4月上旬あたりとみて


3月からこの卵が埋まっている赤玉土に、一度しっかり浸透するほどの加水をして

後は乾かないように毎日霧吹き、若干陽当たりの良い場所に飼育箱をおいて、春を感じさせつつ

孵化の準備をしてきました。


ヒガシキリギリスの人工的な孵化は結構難しいとさせていて

まず、卵をしっかりと冬の気候にさらすこと。何段階かの気温を感知していないと孵化しないそうです。

今年は関東でも雪が降ったので、しっかり冬を感知したはず!!


それと、孵化は2年後とされていますが、よく調べると

産卵された複数の卵は翌年に孵化する卵、2年後、3年後、最大4年後に孵化する卵が含まれていて

すべてが翌年に孵化する1年卵ではないということのようです。

何らかの原因で、その年に成虫が全滅しても、土の中にはまだ卵が残っていて復活できるという

1つの種の保存のだそうですね


ということは、昨年、私の飼育箱に産卵された卵にどれだけの1年卵が含まれているか?

来年全部孵化したらどうしよう?というくらい産卵していたので、多少は出るでしょう

一番重要なのは、ちゃんと冬越し出来たか?

だったのですが


本日、めでたく3匹、孵化しました。



hk012





hk013





hk014





hk015



2018

今は冬で、中々昆虫の活動は見られませんが


春からは、ヒガシキリギリスの卵からの飼育をしていきます




卵からのヤブキリ飼育

昨年の4月に幼体を捕獲し成虫まで育て
産卵もしたヤブキリの卵

yabukiris1701




産卵した土をタッパーに入れ
抽出した数十個の卵を産卵官の抽出した数十個を深さほど埋めて
ひと冬、外で以下のように保管していました。



yabukiris1702




3月になり、多少加水して置いておいたら

3月26日、飼育ケースの壁に

yabukiris1704




孵化しました。

キリギリスの仲間の卵は、冬の間一定の寒さの気温を何段階か

感知していないと孵化しないと言われており、

飼育下での繁殖は難しいといわれていたので
どうかと思いましたが、上手くいったようです。
奇跡の1匹なのか?これから徐々に出てくるのか
楽しみです。

プロフィール

metalheart

最新コメント