あのぉ~生き物の~育て方を、書いておけ

育てたことがある昆虫の飼育方法と飼育中の昆虫の記録

当ブログへ訪問ありがとうございます 当ブログでは、自身が飼育経験のある昆虫や生き物の飼育方法を紹介すると共に、現在飼育している昆虫や生き物の観察記録を記していきます 野原や森で昆虫を捕獲してきたが飼育の仕方が分からない どのような餌を与えたらよいか分からない など、皆様の飼育の参考になればと思っております よろしくお願い申し上げます

2015年05月

トノサマバッタ飼育 2015 その2

生まれて半月とちょっとが過ぎました
ススキの葉をモリモリ食べてちょっとだけ大きくなりました
2齢ないし3齢くらいでしょうか、
約1cmくらいです

tonosama21


tonosama22


tonosama23


今まで飼育箱の蓋に、逃げないようにコバエシートを付けていましたが
蓋の隙間から逃げられない大きさになったので取りました

ちょっとだけメンテナンスが楽になりそうです

緑タイプにしたいため、なるべく湿気のあるようにしてますが
まだ茶色いです

ちょっと心配なのは、トノサマバッタは過密になると
群集化し体は赤っぽくなり、食欲が旺盛になります
よく言われる、イナゴの大群がその現象です

まだ、生まれて間もないですから
まだまだ様子見です。

トノサマバッタ飼育 2015 その1

昨年、卵を預かったトノサマバッタが4月30日に孵化しました。

トノサマバッタは秋のイメージがありますが
実はこの時期に孵化し、6月下旬あたりまでに成虫になります
そして再び産卵し、9月頃にもう一度発生します
つまり1年に2回発生のバッタです

セッティングはこんな感じです

tono1


そして生まれた1齢の幼虫

tono4


tono3


tono2


3mmほどでとても小さいですね
世話と言っても、イネ科の雑草を刈ってきて入れておくだけです
ススキが一番よく食べます

ただ、バッタの幼体を飼う上で1つ重要なことがあり
必ず草は立てて入れることです
ジャムの瓶に水を入れ、花瓶のようにして入れておきます
バッタの幼体は、葉にぶら下がって脱皮するので
草が寝かせてあると脱皮を失敗して死んでしまいます

また、トノサマバッタは緑タイプ褐色タイプがいるのですが
緑になるか、褐色になるかは育った環境によるそうです
湿気の多い所で育った幼体は緑
乾いた所で育った幼体は褐色
になるそうです

2年前に一度育てたことがあるのですが、その時は褐色。
今回はなんとか緑タイプを育てたいですね
霧吹き多めでなんとかなるかしら
livedoor プロフィール
最新コメント