あのぉ~生き物の~育て方を、書いておけ

育てたことがある昆虫の飼育方法と飼育中の昆虫の記録

当ブログへ訪問ありがとうございます 当ブログでは、自身が飼育経験のある昆虫や生き物の飼育方法を紹介すると共に、現在飼育している昆虫や生き物の観察記録を記していきます 野原や森で昆虫を捕獲してきたが飼育の仕方が分からない どのような餌を与えたらよいか分からない など、皆様の飼育の参考になればと思っております よろしくお願い申し上げます

トノサマバッタ飼育

トノサマバッタ飼育 2015 その2

生まれて半月とちょっとが過ぎました
ススキの葉をモリモリ食べてちょっとだけ大きくなりました
2齢ないし3齢くらいでしょうか、
約1cmくらいです

tonosama21


tonosama22


tonosama23


今まで飼育箱の蓋に、逃げないようにコバエシートを付けていましたが
蓋の隙間から逃げられない大きさになったので取りました

ちょっとだけメンテナンスが楽になりそうです

緑タイプにしたいため、なるべく湿気のあるようにしてますが
まだ茶色いです

ちょっと心配なのは、トノサマバッタは過密になると
群集化し体は赤っぽくなり、食欲が旺盛になります
よく言われる、イナゴの大群がその現象です

まだ、生まれて間もないですから
まだまだ様子見です。

トノサマバッタ飼育 2015 その1

昨年、卵を預かったトノサマバッタが4月30日に孵化しました。

トノサマバッタは秋のイメージがありますが
実はこの時期に孵化し、6月下旬あたりまでに成虫になります
そして再び産卵し、9月頃にもう一度発生します
つまり1年に2回発生のバッタです

セッティングはこんな感じです

tono1


そして生まれた1齢の幼虫

tono4


tono3


tono2


3mmほどでとても小さいですね
世話と言っても、イネ科の雑草を刈ってきて入れておくだけです
ススキが一番よく食べます

ただ、バッタの幼体を飼う上で1つ重要なことがあり
必ず草は立てて入れることです
ジャムの瓶に水を入れ、花瓶のようにして入れておきます
バッタの幼体は、葉にぶら下がって脱皮するので
草が寝かせてあると脱皮を失敗して死んでしまいます

また、トノサマバッタは緑タイプ褐色タイプがいるのですが
緑になるか、褐色になるかは育った環境によるそうです
湿気の多い所で育った幼体は緑
乾いた所で育った幼体は褐色
になるそうです

2年前に一度育てたことがあるのですが、その時は褐色。
今回はなんとか緑タイプを育てたいですね
霧吹き多めでなんとかなるかしら

トノサマバッタ飼育

■トノサマバッタ飼育
トノサマバッタは年2回発生します。(6月下旬~と9月頃)
大きくてとても跳躍力があり、特に緑タイプはとても綺麗なバッタです。
顔は仮面ライダーのモデルになっているくらいですので
飼育するにはとても魅力的なバッタですね

●緑タイプ
tonasama1

●褐色タイプ
tonasama2

【成虫の捕獲方法】
トノサマバッタは比較的丈の低い草が生えている草原、草の多くない地面が露出している所などに生息していることが多いです。
しかし、跳躍力が強く、かなり遠くまで飛んでしまうので捕獲するのは難しいです。
止まっているところを見つけるのは難しいので、基本的に飛ばせて、着地地点に網をかぶせて捕獲するのですが、強いて言えば、少し丈の高い草が密集している所へ追い込むことで捕獲率をあげることができます
丈の少し丈の高い草が密集している所では、トノサマバッタが上手く地面を蹴り上げることが出来なかったり、飛んでも草に引っかかって逃げることを失敗することがあるからです。
どうしても捕獲することができない方はこの点を意識してやってみてください。
時間的には活性が落ちている朝や夕方が経験上捕獲率が高いと思います

【成虫の飼育方法】

①飼育容器について
大きめで、蓋が付いている飼育容器を用意してください。

②底砂について
基本的になくてもよいですが、オスとメスを捕獲していて翌年孵化させて幼体から育てたい方は、砂を10cmくらい敷くか、小さい容器【深さ10cmくらいあるタッパーなど】に砂を入れ産卵床を作ってください。
但し、別容器で産卵床を作る場合、上手く産卵床へ産卵してくれない場合があるので、しっかり砂を敷いた方が確実なような気がします。(命を全うした後、掘り出し別容器で翌年まで保管)

③餌について
イネ科の草ススキがベストです。
インスタントコーヒーやジャムの空き瓶に水をいれ、草を立てる形で置いて下さい
この状態でだいたい3日くらい持ちます。意外とよく草を食べるので、近くでススキを安定供給できる場所を確保しておくとことをおススメします。

④日々の手入れについて
餌を切らさないことと、かなり糞をしますので溜まったら取り除いて下さい。
水分補給のため、多少の霧吹きです

以下、翌年、孵化から育てることを前提とした飼育環境です。
tonasama3


【幼体の飼育方法】
成虫を中々捕獲できない場合、まだ翅の生えてない幼体は容易に捕獲することができます。

基本的に成虫の飼育方法と同じですが、1点だけ注意事項があります

必ず幼体がぶら下がる場所を作ることです

幼体は草にぶら下がって脱皮する為、草を立てて入れておくか、小さい棒などをを立てて入れてぶら下がる環境をつくります。それがない場合、幼体は脱皮する場所がなくなり、また脱皮に失敗してしまい死んでいます

●幼体
tonoasama4


以上、環境さえ作ってあげれば、手入れも簡単で手間もかからず、容易に飼育できるバッタです。
皆様の飼育のご参考になればと思います

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

livedoor プロフィール
最新コメント